名古屋で増毛したことで人生が変わりました。

引きこもりからやり直すきっかけになった広告

当時営業として仕事をしていましたが、成績も抜け毛の量と比例するように下がっていきました。
周囲で笑い声が聞こえると、自分の頭のことをネタにされているのだと被害妄想にも陥ったのです。
結局、仕事を辞めてしまい自宅にしばらく引きこもることになるのです。
当時大阪に住んでいたのですが、家からも出ることは無く友達とも疎遠になっていきました。
どんどん薄くなっていく頭皮に幻滅するだけでなく、自己嫌悪に陥り完全に引きこもりになってしまったんだと思います。
あまりにも情けなく、自室で一人涙したこともたくさんありました。
そんな時、「自信は髪から」というようなキャッチフレーズが目に飛び込みました。
それは雑誌の広告ページの中にあったのです。
そこには自分と同じくらい薄くなった頭皮の若者が写っています。
その人が植毛していきいきとした表情に変わっていくビフォーアフターの姿でした。
なぜかその表情に引き込まれたのを覚えています。
「自分もこんな表情に戻りたい」と強く願った瞬間でした。
増毛を専門とするクリニックで、全国にいくつか支店がありました。
大阪には自分をよく知る人がたくさんいるので、誰も知らない街でやり直したいという思いから名古屋で増毛することを決めました。

若ハゲの場合、

風の強い日は外でたくない

雨の日もでたくない

人にも会いたくない

何をするのも嫌になる

薄毛が原因で引きこもりになるのも珍しくない

— さかたい@育毛ラッシュ (@sakatai1991) July 27, 2019

薄毛が進行し人の目が見れない自分に引きこもりからやり直すきっかけになった広告髪の毛の復活と共に自信が戻った